ホーム >

一般信用取引(無期限信用取引)とは

一般信用取引(無期限信用取引) [読み: いっぱんしんようとりひき、むきげんしんようとりひき]

祐作:先輩、一般信用取引ってなんですか?

兜:ふむ、一般信用取引とは、建玉の返済期限がない信用取引のことだね。「無期限信用取引」とも呼ばれている。

祐作:ということは、返済期限のある信用取引もあるわけですね?

兜:そうだね。返済期限のある信用取引は「制度信用取引」と呼ばれてる。

祐作:なんで信用取引には2種類あるんでしょうか? まぎらわしい。

兜:仕組みが違うものだからねえ。そもそも、昔は制度信用取引しかなかったんだ。1998年に規制緩和が行われて一般信用取引もできるようになった。

祐作:ふ~ん、最近になってできたものなんですね。一般信用取引には何かメリットがあるんですか?

兜:そうだね。長所は主に三つかな。

 1・建玉の返済期限がない ※1
 2・証券取引所に上場するすべての銘柄を取り扱うことができる ※2
 3・空売りしても逆日歩を払わないでいい
※3

 ※1 証券会社によって異なります。返済期限が3年といった証券会社もあります
 ※2 整理ポスト銘柄など例外はあります
 ※3 一般信用取引の空売りができる証券会社は数が限られています

祐作:空売りで逆日歩がないのは、いいですね。

兜:一般信用取引で空売りができるのは松井証券カブドットコム証券岩井証券大和証券くらいしか見たことないけどね。

祐作:一般信用取引のデメリットはありますか?

兜:短所は制度信用取引より買い方金利が高い傾向があることだ。制度信用取引より1%くらい金利を高めにしている証券会社が多いよね。

祐作:なるほど、ということは金利を気にする人は「制度信用取引」を選んで、返済期限を気にする人は「一般信用取引」を選べばいいということになりますね。

兜:そういうことだな。でも、一般信用取引を使う人も、金利は気にした方がいいと思うんだ。金利が安い証券会社を伝えておくよ。

そしあす証券 ・・・一般信用取引における買い方金利=1年2.49%

楽天証券・・・一般信用取引における買い方金利=1年2.70%

あとは、金利が3%以上の証券会社が多いなあ。ちなみに、カブドットコム証券では一般信用取引のことを「長期信用取引」と読んでいるから覚えておくといいさ。

2006年11月23日 01:18